2017年11月15日 (水)

日本飼養標準乳牛(2017年版)刊行のお知らせ

日本飼養標準乳牛が11年ぶりに改訂されましたので、お申込みを受付いたします。

『日本飼養標準乳牛(2017年版)』

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 編

11年ぶりの改訂となった本書は、昨今の酪農情勢を反映させ、泌乳持続性が高い乳用牛への改良の推進、生産コスト低減、飼料自給率向上の観点から、放牧の活用、耕畜連携等による稲WCS等の粗飼料、飼料用米の利用、未利用資源の利用推進、搾乳ロボットに対応した飼養管理などが記載され、より実情にあった内容となっております。

希望者は別紙によりお申込み下さい。

2017年11月10日 (金)

牛マルキン補塡金単価のお知らせ(平成29年7月・8月・9月)

~基金事業部からのお知らせ~

平成29年7月・8月・9月の牛マルキン補塡金単価が決まりましたので、お知らせします。

補塡金単価 

2017年11月 6日 (月)

肉用牛農家のための簿記・記帳・決算に関する研修会について

肉用牛農家のための簿記・記帳・決算に関する研修会の開催をお知らせします。

日時:平成29年12月7日(木)13:30~
会場:三次市十日市東4丁目6-1 
   広島県三次庁舎 第3庁舎 102会議室

内容:畜産簿記の基礎の基礎から決算等の相談コーナーもございます。

詳しくは開催要領をご覧ください。

参加申込は平成29年11月30日(木)までです。
肉用牛経営者、後継者、従事者、関係団体の皆様のご参加をお待ちしております。

2017年11月 1日 (水)

酪農経営支援研修会開催について

平成29年度酪農経営支援研修会の開催をお知らせします。

平成29年12月19日(火)13:00~16:00
三次市十日市南1丁目5−5 グランラセーレ三次 

研修会①
講師 広島大学大学院生物圏科学研究科 磯部 直樹氏

演題 「乳房炎の防除管理について」(仮称)

研修会②
講師 合同会社久井高原牧場 新舎 和久氏

演題 「雌雄判別精液、受精卵移植を活用した酪農経営について」(仮称)

簿記相談会も行います。  

参加申込の締め切りは平成29年11月30日(木)です。
詳しくは開催要領をご覧ください。

関係者の皆様のご参加をお待ちしております。

2017年10月24日 (火)

平成29年度新規就農者・就農支援者研修会開催について

平成29年度新規就農者・就農支援者研修会の開催をお知らせします。

平成29年11月24日(金)13:30~16:00
広島市中区大手町4丁目7番3号 JAビル9階 第6会議室

講師 公益社団法人 群馬県畜産協会 加藤 康義氏

演題 「新規就農者の定着支援についての取り組み」(仮称)

詳しくは開催案内をご覧ください。

関係者の皆様のご参加をお待ちしております。

2017年10月12日 (木)

牛マルキン補塡金単価(概算払)のお知らせ(平成29年8月)

~基金事業部からのお知らせ~

平成29年8月の牛マルキン補塡金単価(概算払)が決まりましたので、

お知らせします。

補塡金単価(概算払) 

2017年9月15日 (金)

牛マルキン補塡金単価(概算払)のお知らせ(平成29年7月)

~基金事業部からのお知らせ~

平成29年7月の牛マルキン補塡金単価(概算払)が決まりましたので、

お知らせします。

補塡金単価(概算払)  

2017年8月10日 (木)

牛マルキン補塡金単価のお知らせ(平成29年4月・5月・6月)

~基金事業部からのお知らせ~

平成29年4月・5月・6月の牛マルキン補塡金単価が決まりましたので、お知らせします。

補塡金単価 

2017年7月28日 (金)

「農畜産業振興事業の実施のために独立行政法人農畜産業振興機構からの補助金の交付により造成した基金の管理に関する基準」に基づく基金の公表について

~基金事業部より~

「農畜産業振興事業の実施のために独立行政法人農畜産業振興機構からの補助金の交付により造成した基金の管理に関する基準」に基づき、次の基金について公表します。

生産者積立金

詳しくはこちらをご覧下さい

2017年7月11日 (火)

肉用牛肥育経営安定特別対策事業(牛マルキン)の 補塡金単価(概算払)に係る算定基礎の修正(平成29年4月分)について

~基金事業部からのお知らせ~

平成29年4月の牛マルキン補塡金単価(概算払)に係る算定基礎の修正がありましたので、お知らせします。

補塡金単価(概算払)修正版 

Loading