広島県畜産協会の概要


○ 沿 革
・社団法人広島県畜産会設立                       昭和31年2月 6日
・社団法人広島県肉用子牛価格安定基金協会設立   昭和43年3月27日
・社団法人広島県畜産協会発足                     平成13年4月 1日
        (社団法人広島県肉用子牛価格安定基金協会を存続団体とし
          社団法人広島県畜産会と組織統合)
・一般社団法人広島県畜産協会へ移行           平成25年4月 1日

○ 目 的
 広島県内において畜産業を営む者及びその組織する団体の経営・運営の指導等
を推進することにより、畜産の健全な発展及び畜産経営の向上を図り、持って
畜産の振興に寄与する。

○ 主な事業
(1) 畜産経営及び技術の改善指導に関する事業
(2) 家畜の生産から販売に係る総合的な指導に関する事業
(3) 畜産の指導員の教育及び養成に関する事業
(4) 畜産に係る調査・研究に関する事業
(5) 畜産の啓発及び情報提供に関する事業
(6) 家畜の改良及び登録に関する事業
(7) 肉用子牛生産安定等特別措置法に基づく生産者補給金の交付に関する事業
(8) 肉豚生産者が生産する肉豚の価格差補てんに関する事業
(9) 肉用牛経営の安定のための肥育牛に関する生産者積立金の積立て及び肥育
        牛補てん金の交付に関する事業
(10)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

○ 会 員 
  平成28年4月1日現在 48会員(正会員46、賛助会員2)
  会員名簿

    組織図      ディスクロージャ    個人情報保護方針

Loading